「小さなワクワク」は幸せな人生へと導いてくれるサイン

2023年12月24日

「あるがままに生きる」ためのベストな方法を見つける#2

『ワクワク感』は神様・ハイヤーセルフからのサイン

「小さなワクワク」の向こうに「大きなワクワク」

「自分が何にワクワクするか分からない」
「自分のやりたいことって何だろう?」

と思っている方も少なくないと思います。

以前私もそうでしたが、一冊の本が流れを変えてくれました。

自分の人生をあれこれ考えあぐねいでいる時に、マヤ暦を教えてくれた女性から
「バシャールゴールド」という本を勧めてもらったのです。

現在は中古が殆どだと思いますがリンクを載せておきます▼▼

その中に『小さなワクワクを重ねていけば、大きなワクワクにたどり着く』と書いてあって
その時は目からウロコでした!

そこから、どんな些細な「ワクワク」でもどんどんやってみるようになりました。
その時は、今のライフワークの影は微塵もありません。

FX、ピアノ、バンド、ウクレレ、小説を読む(それまではビジネス本や自己啓発本が殆ど)
ブログを始めてみる等々・・ちょっとでも「ワクワク」するものはやってみるようにしました。

その結果、オラクルカードに心惹かれ、パワーストーンに興味を持ち、
妻の学んでいたマヤ暦を一緒に学び始めて、今のライフワークにたどり着きました。

その後も、畑、洋裁、海外の気になったカードの翻訳など「ワクワク」探しは続けていきました。

今でも「自分が今ワクワクすることって?」と立ち止まったりしますが・・・
神様や魂がどこに・何に導こうとしているのか分からないので、
迷わず『小さなワクワク』を探して、、

「何が食べたい」
「何が欲しい」
「どこに行きたい」
「何のお茶を飲もう」等々

どんなに些細なことでも、ワクワクするなら全部やってみるようにしています。

そうしているうちに、自分の中にある
『本当のワクワク』『本当にやりたいこと』が見えてくるように思います。

「ワクワク」と「似非ワクワク」

ワクワクには「心からの真のワクワク」と「似非ワクワク」があります。

「似非ワクワク」は、最初「真のワクワク」に見えますが、、
実際にやり始めてみると「あれっ?なんか違う・・」と思ってきます。
「似非ワクワク」は純粋にそのことに「ワクワク」するわけではなく、恐れから無意識に計算された目的が隠れていたりするからです。

私の場合で例を挙げると・・・

「宇宙にすべてをゆだねて生きてみた~私たち夫婦の1年半の体験記録~」
の期間も「ワクワク」を探していました。

そして挙がってきたのは

・ココナラに出店する
・アフィリエイトを中心としたブログをもう一つ作る
・物販をやるためミンネを始めてみる

です。

全部やり始めました。が、、
半年か一年くらい経つと、「ワクワク」どころか「嫌悪感」さえ感じるようになっていきました。

冷静に自分の心を探っていくと・・・
すべて「お金を稼ぐために~」が目的だったのです。

・「お金を稼ぐために」ココナラに出店する
・「お金を稼ぐために」アフィリエイトを中心としたブログをもう一つ作る
・「お金を稼ぐために」物販をやるためミンネを始めてみる

これでは続くはずがありませんでした。

もちろん「お金を稼ぐ」のが悪いわけではありません。
ですが、私の場合は「お金を稼ぐために」でなければ、すべてやりたいことではなかったのです。
つまり、お金を稼ぐために「ワクワクしない」ことをやろうとしていたからです。

「似非ワクワク」は、
最初はうまくいったとしても必ず立ち行かなくなることは、これまでの経験で分かっていましたので
「自分の本当の気持ち」に気づいた時点で、すべてを終わりにしました。

こんな感じで、小さな「ワクワク」をやり続けていると、
時差はあっても「自分の本当の気持ち」に気づけるようになると思っています。

「似非ワクワク」に隠れた更なる「似非ワクワク」

「似非ワクワク」には恐れの感情や執着からの目的が何重にも重なっている場合もあります。

私の場合で言えば・・・

「ワクワク」と思っていた項目の陰には「お金を稼ぐため」という別の理由がありました。
更に突き詰めると・・そこには
「お金が底を尽いたら」「生活できなくなったら」という
【未来への不安・心配】つまり、私の中の【恐れ】が隠れていたのです。

人によっては「お金を稼ぐ」に、「よく見られたい」「もっと沢山所有したい」等々
他の理由が隠れていたりするかもしれません。

SNSなども「情報を発信したい」とか「人と繋がりたい」が純粋な「ワクワク」ではなく、
「イイネが欲しい」とか「ハブられるから」という理由なら
そこには「似非ワクワク」が存在しているわけです。

「似非ワクワク」はやってみないと気づかない場合が多いです。
なので、「小さなワクワク」をやっていくと「自分が本当はどう思っていたのか」が見えてきます。

自分の中の「不安や心配」「執着」「不足感」「優越感」「支配欲」「所有欲」等々
エゴ(自我)が引き起こす【恐れやその感情】に気づくのです。

つまり、「真のワクワク」を探していけば『本当の自分を知る』ことに繋がっていきます。
同時に『真のワクワク』も見つけられるわけです。
『真のワクワク』は私たちに「幸せを感じられる瞬間」を多々もたらしてくれます。

私たちの中に在る『人生の大ヒント』

『真のワクワク』は神様やハイヤーセルフからのサインだと思っています。
自分の魂の旅を、本来辿るべき道へと導いてくれる誘導灯です。

その「ワクワク感」を辿っていけば「自分が何者なのか」「自分はどこへ向かおうとしているのか」
「幸せになるために何をすればよいのか」といった問いの答えに気づかせてくると信じています。

そんな神様からの【人生の大ヒント】が私たち自身の中に在るのです。

外側の世界のどこでもなく、自分の中にその答えが眠っている。
その神様からの、自分の魂からの『愛と安心感』を感じていられれば、

例えそれを忘れてしまったとしても、また思い出すことができれば、
『わたし』という素晴らしい旅を思う存分味わって生きれるような気がしています。

「真のワクワク」探しは、今まであなたの中に眠っていた
「最高のヒント」「素晴らしい人生への答え」を呼び覚ましてくれるかもしれません。

【ワクワク探し】「ピンっ」ときた方、是非おすすめです(^.^)

「あるがままに生きる」ためのベストな方法を見つける(目次)

よく読まれている記事

1

『自分のハイヤーセルフの声を聴く』それこそが解決への最も近道になると私は思っています。今回はその意味と簡単な方法をお伝えしていきます。 ハイヤーセルフと繋がる意味とその声を聴くには? ハイヤーセルフと ...

2

マヤ暦をご依頼された方から、読み解きについてのご質問をいただくことが多々あります。 マヤ暦鑑定では鑑定項目が沢山あります。それゆえ、鑑定時は「自分と向き合う」きっかけになったりするのですが、、その後、 ...

3

マヤ暦+易経鑑定 『マヤ暦と易経』を重ね合わせて紐解きます♬ 易経ってなあに? 易経は3500~4000年前に完成したと言われてる中国最古の聖典です。単なる占いではなく易経学と呼ばれ森羅万象すべての変 ...

4

2021年6月から約1年半、私たち夫婦は「お金」を通してやって来た「学び」、というより『導き』を体験しました。 私たちにとってはとても厳しい体験でしたが、同時にかけがえのない「学び」になっています。そ ...

5

私たち夫婦は、2021年から1年半くらい厳しい体験をしました。その体験によって『ゆだねて生きる』大切さを学んだ、というより『導かれた』と思っています。 おかげで今は、たまに心揺れ動かされることはありな ...