マヤ暦ってなあに?

《マヤ暦ってなあに?》

マヤ暦と言うと、、
『人類滅亡』とか『恐ろしい預言書』的な感覚を持っている人は多いのではないでしょうか? 
でも、マヤ暦は恐ろしいものでも、ネガティブに扱われるものでもないのです。

マヤ暦では、人間は、誰もが《 心の刻印(記憶)=心のDNA 》を持って生まれてくると考えられています。

《心の刻印》とは、その人の心に深く刻みつけられた生まれた日のエネルギーのことを表します。

その刻印が、本来のあなたの姿(ハイヤーセルフ) を教えてくれるのです。
ですから、それを知ることは、あなたの未来を読み解くカギになっていきます。

マヤ暦では《時間=エネルギーの流れ》と捉えられています。

1日1日に、固有の精神的エネルギーがあり、意味があるということなのです。
ですから、日々起きてくるラッキーなことやトラブルなど、すべてに意味があることが分かってきたり、人間関係の謎が解明できたりするのです。

このような事象を分析できるのが、マヤ暦(マヤのカレンダー)である《ツォルキン》と呼ばれるものです。

物質世界である地球の1年は、太陽暦で365日ですが、
心や意識という精神世界であるマヤ暦では260日が1年になります。
宇宙の1年とも言われています。 

つまり、
人間は260日の中で、その人が望むエネルギーや意味を持つ日を、選んで生まれてくるというわけです。

ということは、
‟自ら選んで生まれてきた日=誕生日” が あなたの未来を紐解く上で、非常に大切なエネルギーを持っているということですね。

マヤ暦には《20》と《13》というサイクルが存在しています。

かんたんに言うと、
《20》は生命の(絶対)定数と捉えられていて、それぞれの特有の性質や傾向を表すとされています。
《13》は宇宙の定数と捉えられていて、運動やエネルギーレベルに関係するとされています。
この2つのサイクルのかみ合わせでできる260日周期がマヤ暦と言うことになります。

13種のエネルギーレベルで、20種類の意識の流れが動かされ、260種類(13×20)の意識を創り出す、というわけです。

ですから、
あなたの人生・生涯に流されているエネルギーレベルや意識の流れが1種類
(誕生日は1日だけなので・・・)、
そして、
1年間(誕生日〜誕生日前日)には、260種類の違う意識が、日々、流されているという事なのです。

マヤ暦では、260日の1日1日を《KIN(キン)》と呼んでいます。

つまり、
自分の誕生日の《KIN》が存在するわけです。
ここに、『人生における決定的な意味』と『あなたという人間の本質』が潜んでいるのです。
これが《あなたの本当の姿=ハイヤーセルフ》ということになります。

この《KIN》によって、下記の項目が導き出されます。

《あなたの性質・特質》

①顕在意識を表す【太陽の紋章】
②潜在意識を表す【WS(ウェイブスペル)】
②は潜在意識のため、よりあなたの本質を表しています。

これにより、‟顕在意識 ‟太陽の紋章”は、心の奥底の衝動である潜在意識 ‟WS”の力によって動機づけられている”ということになります。

《あなたの運動・エネルギーレベル》

③能力や才能的なものを表す【銀河の音】
あなたの原動力やエネルギーとなるものです。

つまり、人生においても、年間・週間においても、
③の原動エネルギーの歯車によって、①②の性質や特質の歯車を動かしているという事になるわけです。

《KIN》によって、あなたの本来持っている
◇性質・特質 ◇能力・才能 ◇人間関係 ◇年間・週間での時期やエネルギーの流れが読み解いていけるようになると思います。

そして、《KIN》の意味が分かることで、
『自分は本当はどんな人間なのか』『潜在意識的に何をしたくて生まれてきたのか』などが見えてくるようになるでしょう。

私たちは、マヤ暦やカードリーディングが、
あるがままのあなたで、楽しく幸せに生きられるようになるためのガイドになってくれると信じています。
そして、あなたに祝福がもたらされるよう、心からお祈りしております♪♪

〈参考文献 古代マヤ暦の暗号 / メムノシス・Jr.〉

投稿日:2019年2月27日 更新日:

Copyright© HappyAngelWings , 2019 All Rights Reserved.