マヤ暦とカードリーディングとハイヤーセルフの関係

2023年2月11日

私たち人間は【ワンネス】という国から、それぞれのゲームを味わうために分離して
それぞれの魂が人生を設定して生まれてくると言われたりします。

その『魂の設定したゲーム』の青写真を知っているのが、
私たちの高次元の意識であるハイヤーセルフです。

今回は【マヤ暦】と【カードリーディング】の位置づけ
そして、ハイヤーセルフとの関係について感じていることをお伝えします。

マヤ暦で分かること

【マヤ暦】では『魂の設定したゲーム』の青写真を読み解きます。

あなたの人生というゲームにおいて

「今世、何を経験して何を味わうことにしたのか?」
そのために「どんな能力や性質を自分に与えたのか?」

【ワンネス】の国にいた私たちは『全知全能・完全完璧な存在』であったと言われたりしますが

「その全知全能であったあなたを、どう生きていけば思い出す流れになるのか?」

それを教えてくれるのが【マヤ暦】です。

あなた自身のマヤ暦を知ることで

「なぜ自分はこういうパターンの経験が多い?」
「どうしたらもっと生きやすくなる?」
「どうしたらもっと流れを良くできる?」などなど

【誕生KIN】では、あなたの人生の生き方・進め方、そしてタイミングや時期
【年間KIN】では一年間の生き方・進め方、そしてタイミングや時期が見えてくるようになります。

これによって、人生の流れが見えるようになり、格段に生きやすくなると思います。

カードリーディングで分かること

ただ、マヤ暦では人生や年間(週間)などの大きな流れや方向性は分かっても、
今この瞬間どう進めばよいのか、どこに導かれているかという
瞬間瞬間の導きや方向性は分かりません。

カードリーディングはそれを解決します。
カードがあなたのハイヤーセルフと繋がり、あなたの問いに答えてくれるのです。

「今、どの方向に進めばいい?」
「何をすれば乗り越えられる?」
「何を選ぶことが良い流れに導かれるの?」などなど

マヤ暦では大まか過ぎて分かりにくい部分を、繊細で明確にハイヤーセルフが導いてくれます。

もちろん、マヤ暦が示す方向性や流れによって、今を読み解くことも可能ですが、、
カードリーディングほど、細やかなメッセージは出てきません。

逆にカードリーディングは、今この瞬間のハイヤーセルフの導きやメッセージは受けとれますが、
『魂の人生の計画』までは及びません。。

『魂のゲーム』の攻略本

マヤ暦やカードリーディングに限らず、様々なリーディングツールがあると思いますが、、
いずれも『全知全能であったあなたを思い出すゲーム』の攻略本だと思っています。

ですから、状況や知りたい内容に応じて、それぞれをうまく組み合わせていけば、
「あなたの人生がどこに導かれているか」をより具体的に明確に知ることができるでしょう。

神さま・天使・ハイヤーセルフといった高次元の存在は、
私たちの人生の大切なポイントでいつもサインを贈ってくれています。
無視せず、耳を傾けていると、次に進むべき道が必ず見えてきます。

そうして、生活や人生の中に散りばめられた生きるヒントに気づき、ガイドにすれば
あなたの中の『まだ見ぬ輝く光』にも気づくことができるでしょう♬

あなたが、マヤ暦やカードリーディングなどの様々な『ゲーム攻略本』を使って
高次元の存在たちからの『愛に溢れたメッセージ』を受け容れ、
幸せな人生、素晴らしい未来を呼び込めるよう心よりお祈りしております(^人^)


各種リーディング メニュー一覧

自分自身でハイヤーセルフと繋がってメッセージを受けとる簡単な方法

よく読まれている記事

1

『自分のハイヤーセルフの声を聴く』それこそが解決への最も近道になると私は思っています。今回はその意味と簡単な方法をお伝えしていきます。 ハイヤーセルフと繋がる意味とその声を聴くには? ハイヤーセルフと ...

2

マヤ暦をご依頼された方から、読み解きについてのご質問をいただくことが多々あります。 マヤ暦鑑定では鑑定項目が沢山あります。それゆえ、鑑定時は「自分と向き合う」きっかけになったりするのですが、、その後、 ...

3

マヤ暦+易経鑑定 『マヤ暦と易経』を重ね合わせて紐解きます♬ 易経ってなあに? 易経は3500~4000年前に完成したと言われてる中国最古の聖典です。単なる占いではなく易経学と呼ばれ森羅万象すべての変 ...

4

2021年6月から約1年半、私たち夫婦は「お金」を通してやって来た「学び」、というより『導き』を体験しました。 私たちにとってはとても厳しい体験でしたが、同時にかけがえのない「学び」になっています。そ ...

5

私たち夫婦は、2021年から1年半くらい厳しい体験をしました。その体験によって『ゆだねて生きる』大切さを学んだ、というより『導かれた』と思っています。 おかげで今は、たまに心揺れ動かされることはありな ...