当サイトはPRを含みます

【2021】☆10月生まれ☆「何を見ているか」が問われる一年間

2021年10月21日

遅くなりましたが、、
10月生まれの人の誕生月から1年間
エネルギーサイクルを4つの時期に分けてイヤーリーディングしました(^^)

3ヶ月ごとのテーマから、
1年間の流れや大きなテーマ、タイミングや気をつけるべき点などが
見えてくるので人生がより歩みやすく充実したものになっていくと思います♬

【10~12月】
(地のペイジ)
(火の6)
(風のキング)

とっても良い知らせ・ニュースがやってきます!!
今までやってきたことが認められたり、
経済的なギフトが入ったりと祝福の兆しが見えてくるでしょう。

ただ、あまり調子に乗りすぎると孤立してしまう傾向があるので、
場面場面で関わる人たちの感情に目を向けることが大切です。

また、「一人で進めようとせず、誰かに相談しながら」がカギになります。

【2022年1~3月】
(水の5)

「思い通りにいかない」ことばかりに目が行きやすい時期です。

でも、その中に必ず光は見えています。
その光をとらえられるよう自分の視点・焦点を変える工夫をしましょう。

先月同様「一人で物事に対処したり進めたりせず、誰かに相談しながら」がカギです。

【4~6月】
(火のエース)
(15・エゴ・大天使ジョフィエル)

ワクワクするような機会がやってきます!!
あなたの可能性を広げる新しい情報がやってきそうです。

何か感じるものがあったら、迷わず行動してみると
今後の人生を大きく変えていくことになりそうです。

ただ、今まで同様 ネガティブな面に焦点を当てすぎたり
物質的なことに囚われすぎたりすると前が見えなくなってしまいます。

ここでも「誰かに相談しながら、一つ一つ状況の中に光を見い出していく」ことがカギです。

【7~9月】
(火の9)

『あきらめないで!』というカードです。
今までの信念を変えずに持ち続けられるよう意識しましょう。

状況は思い通りに行く時もあれば、そうでない時もあります。
思い通りに行っているからといって、それがベストとも限りません。
「流れが遅い」と感じたとしても、焦らずあきらめないことが大切です。

そして、ここでも「誰かと相談しながら」がカギになってきます。

10月生まれの人の1年間

10月生まれの人にとって『どこに焦点を当てて進むかを問われる』一年間です。

流れが悪いわけではありません。
今までの功績が認められたり、
良いニュースやチャンスがやって来るタイミングはたくさんあります。
その状況の中に、あなたが「何を見ているか」が問われる年になると思います。

この世界は二元の世界ですから、状況には良い面も悪い面も必ず共存しています。
あなたがどちらに焦点を当てるかで、状況はまったく変わってきます。

10月生まれの人の一年間のカギ
●物質的なことやネガティブなことに囚われすぎない
●一人ですべてをやろうとせず、誰かに相談しながら進める
●思い通りに事が運ばなくてもあきらめない
です。

ここを意識していけば、やってくるチャンスや良いニュースを最大限に生かしていくことができるでしょう。
そして更に、自分の意識をどこに置いて生きればよいのかも学べる年になりそうです。

あなたが「思い通り」という枠に囚われず
まっすぐ光だけを見て、その光の向こう側
より幸せな世界へと移ることができるよう心からお祈りしております(^人^)

Shin

※ カードの画像は著作権の関係上1ヶ月のみの掲載になります。

【今回使用したカードです】

よく読まれている記事

1

私たち夫婦が愛用し続けているアイテム&アイデアです☘ 長く愛用してる『手作りアロエ化粧水』レシピ 私たちは8年以上、手作りのアロエ化粧水を使い続けています。 当時、アロマや化学的物質が入 ...

2

『自分のハイヤーセルフの声を聴く』それこそが解決への最も近道になると私は思っています。今回はその意味と簡単な方法をお伝えしていきます。 ハイヤーセルフと繋がる意味とその声を聴くには? ハイヤーセルフと ...

3

マヤ暦 Q&A Q:太陽の紋章とWS(ウェイブスペル) は普段の生活ではどちらを意識すべきでしょうか?どちらの影響をより受けやすいのでしょうか? 私も以前同じような疑問を感じて何年かかけて検証 ...

4

今回それを分かりやすく実体験を絡めてお答えしていきます(^^) リーディングと占いは目的が違います 私はリーディングという形を選びました。 リーディングでは道具を使わない場合もありますが、基本的に使わ ...

5

2021年6月から約1年半、私たち夫婦は「お金」を通してやって来た「学び」、というより『導き』を体験しました。 私たちにとってはとても厳しい体験でしたが、同時にかけがえのない「学び」になっています。そ ...