当サイトはPRを含みます

【2022】2月☆新しい流れを創り出すサインに気づいて♪

2022年2月2日

☆HappyAngelWingsを訪れていただいた方へ☆

皆さんのハイヤーセルフ
そして今のエネルギーの流れから受けとった
メッセージを毎月お伝えしています(^^)
日々の選択や行動のタイミング・テーマづくりなどに
お役立てください♪♪

【2022.2】HappyAngelマンスリーガイダンス

赤い月・銀河の音9
大いなるサイクル
(マヤンオラクルカード)

今月もマヤンオラクルカードでのリーディングです。

【MULUC / 赤い月】

【赤い月】は『新しい流れと浄化』
そして、このカードには『直感に従う』という意味があります。
先月からの流れが続きつつも
『直感に従い、新しい流れを創り出す』よう伝えています。

【銀河の音10】

『大いなるサイクルの中の自分に気づく』
『感情や思いの振り幅が大きい』
という意味があります。

様々な感情の中で、今のあなたが前に進むための障害になっている
古い思いこみや考え方を手放す流れになりそうです。

【TRANSPARENCY / 透明さ】

【透明】は『何者でもない自分に気づくこと』を意味します。
「自分」という存在にこだわるよりも、
自分が『今いる』『今ある』ことに感謝することが大切だと伝えています。

☆今月は・・☆

『直感やサインに気づいて、新しい流れを創り出す』月になりそうです。

あなたの『ワクワクする気持ち』
それに伴う『夢や色・匂い・感覚・気になるものなど』のサインに注意しましょう。

新しい流れを創り出すためのヒント
沢山あなたの元へやって来ます。
今も気づいていないだけで降り注いでいるのかもしれません。。

また、あなたが今まで抱えてきた「古い思いこみや考え方」に気づく時でもあります。
『新しい流れを創り出そう』とすれば
それを邪魔するような形で、その「古い思いこみ」が表面化してくるかもしれません。

それはあなたの内側の「ネガティブな感情」として出てくるかもしれませんし
あなたの外側で「人間関係」や「モノ」などによって明らかにされるかもしれません。。
いずれにしても、それは今のあなたにとって『不要なもの・脱ぎ捨てる必要のあるもの』なのです。

ちょっと想像してみましょう。
『宇宙』という壮大な舞台の上
その中の「地球」という場所で「私」という『役』を演じているあなたを。

今、私たちが「自分」と認識している「私」は
宇宙の壮大な舞台の『役』に過ぎません。

この『役』が終われば、またどこかの舞台で
また新しい「私」となって演じ始めるのです。

もちろん、その真偽は誰にも分かりません。

でもそう捉えた方が、「自分の生きる意味」とか「自分ってどんな人間」とか
「自分の性格」「自分の持っているもの・お金・人間関係」などに縛られなくなります。

そして『今ここにいる自分』『ここにある自分』に気づくはずです。

『今ここにある自分』に
『今ある場所・環境・状態』に感謝して『今』を楽しみましょう♬

ということで、、今月は

●ワクワク・感覚・夢などの『サイン』に注意する
●新しい流れを創り出す・チャレンジ
●『今ある自分』に感謝して楽しむ

といったテーマがカギになります。

2022年2月
あなたが、あなたを取りまく(自分の内側の感情も含め) 様々な「しがらみ」を手放し
新たな人生の第一歩を歩んでいくことができますように。。。

Shin

【今回使用したカードです】

Ariel Spilsbury (著), Michael Bryner (著)
【中古のみですが日本語版です】
アリエル・スピルスバリー&マイケル・ブライナー (著), ドナ・キディ (イラスト), 鏡見沙椰 (翻訳)

よく読まれている記事

1

『自分のハイヤーセルフの声を聴く』それこそが解決への最も近道になると私は思っています。今回はその意味と簡単な方法をお伝えしていきます。 ハイヤーセルフと繋がる意味とその声を聴くには? ハイヤーセルフと ...

2

マヤ暦をご依頼された方から、読み解きについてのご質問をいただくことが多々あります。 マヤ暦鑑定では鑑定項目が沢山あります。それゆえ、鑑定時は「自分と向き合う」きっかけになったりするのですが、、その後、 ...

3

マヤ暦+易経鑑定 『マヤ暦と易経』を重ね合わせて紐解きます♬ 易経ってなあに? 易経は3500~4000年前に完成したと言われてる中国最古の聖典です。単なる占いではなく易経学と呼ばれ森羅万象すべての変 ...

4

2021年6月から約1年半、私たち夫婦は「お金」を通してやって来た「学び」、というより『導き』を体験しました。 私たちにとってはとても厳しい体験でしたが、同時にかけがえのない「学び」になっています。そ ...

5

私たち夫婦は、2021年から1年半くらい厳しい体験をしました。その体験によって『ゆだねて生きる』大切さを学んだ、というより『導かれた』と思っています。 おかげで今は、たまに心揺れ動かされることはありな ...