当サイトはPRを含みます

妻がたどり着いたエゴへの対処法は「聴く読書」

2024年1月24日

「あるがままに生きる」ためのベストな方法を見つける#3

妻が見つけた「頭の中の声」を打ち消す方法

エゴとの関わり方は人の数だけ

私(Shin)のエゴ(自我)への関わり方等は、
「宇宙にすべてをゆだねて生きてみた~私たち夫婦の1年半の体験記録~」を始め
「気づき・感じたこと」というカテゴリで色々と書いてきました。

ですが、、
私が試して見つけた方法は、「私に合っている方法」でしかありません。
エゴ(自我)と向き合い、つき合っていく方法は、人によって色々だと思います。

ちなみに私は、本などを参考にワークをやってみたりするのは苦になりませんが、
妻は「ワークは苦手」だと言います。

ですから「私に合っている方法」に共感できる人もいれば、
「難しい」と感じたり、全く「ピン」とこない人もいると思います。

なので今回、

エゴ(自我)とのつき合い方を探っている人にとっては、
きっかけになるような事例は1つでも多い方が良いかも・・

と考え、妻が現在やっているエゴ(自我)とのつき合い方をお伝えすることにしました。

エゴにつけ入る隙を与えない「聴く読書」

妻を客観的に見ていると、私より、
エゴ(自我)を動かすような出来事にあまり動じないように見えるのですが、、
本人曰く「全然そんなことはなくって、色んなことをやっていても、
起こる出来事によって不安や恐れが頭の中をめぐり続けていたりするよ」と。

妻は編み物が昔から好きで、いつも何かを作ったり、服をリメイクしたり・・・しています。

「編み物は無意識でやってるから、頭では色んなことが巡ってて、恐れや不安などエゴ(自我)の声を打ち消す工夫を色々やってみたけど・・」と話してくれたのは、、

最初、思考の9割はネガティブな事だったから、それ自体をコントロールしようとしてた。
頭の中で、エゴ(自我)の囁くネガティブな声を打ち消してみたり、
プラスに変換できるまで考え続けたり・・・

でもそれは、あまりに疲れることだと気づいた。
だから「いっそのこと遮断してしまえばいいのでは?」と考えて、

編み物をしながらラジオを聴く、
編み物をしながら動画を観る、
ゲームをする、読書をする等々・・・

色々試したけど、
最終的に「編み物やゲーム等をしながら【聴く読書】で小説を読む」に落ち着いた。

・・でした。今だとAmazonオーディブルやaudiobookが有名ですね。

「エゴ(自我)のネガティブな思考が入る隙を与えない」と言っていました(^^)
特に「小説」は現実と切り離されるので最適だそうです。

それを聞いて私も試してみましたが、
私の場合は・・普通に聴いてる分にはいいのですが、何か気になることがあったり、
エゴ(自我)を動かすような出来事があると
【聴く読書】よりも「エゴ・思考の声」の方がはるかに大きくなってしまい、
打ち消す対処法にはなりませんでした。。

エゴ(自我)・思考の声が、その人自身の中でどんなふうに響いて、
どんなふうに影響を及ぼしているかは、本当に人それぞれだなあ

と実感しました。

それゆえ、関わり方や対処法も人の数だけあるように思います。
ですから、私や妻の経験がどれだけの人のお役に立てるのかどうかはわかりません。
それでも、誰か一人でも、何かのきっかけになれれば嬉しいと思っています。


【聴く読書】のリンクは載せておきます。
気になった方は、もしかするとハイヤーセルフからの導きかもしれませんので
一度試してみられると良いと思います(^^)
登録月は無料のようですので。。

登録済みの方は
「エゴ(自我)・思考の声」への対処法として、改めて利用してみると良いかもしれませんね。


皆さんが、自分に合ったエゴ(自我)との関わり方と出会い、
日々の暮らしが、心穏やかに
そして楽しい時を過ごし続けられるよう心よりお祈りしております🙏

「あるがままに生きる」ためのベストな方法を見つける(目次)

よく読まれている記事

1

『自分のハイヤーセルフの声を聴く』それこそが解決への最も近道になると私は思っています。今回はその意味と簡単な方法をお伝えしていきます。 ハイヤーセルフと繋がる意味とその声を聴くには? ハイヤーセルフと ...

2

マヤ暦をご依頼された方から、読み解きについてのご質問をいただくことが多々あります。 マヤ暦鑑定では鑑定項目が沢山あります。それゆえ、鑑定時は「自分と向き合う」きっかけになったりするのですが、、その後、 ...

3

マヤ暦+易経鑑定 『マヤ暦と易経』を重ね合わせて紐解きます♬ 易経ってなあに? 易経は3500~4000年前に完成したと言われてる中国最古の聖典です。単なる占いではなく易経学と呼ばれ森羅万象すべての変 ...

4

2021年6月から約1年半、私たち夫婦は「お金」を通してやって来た「学び」、というより『導き』を体験しました。 私たちにとってはとても厳しい体験でしたが、同時にかけがえのない「学び」になっています。そ ...

5

私たち夫婦は、2021年から1年半くらい厳しい体験をしました。その体験によって『ゆだねて生きる』大切さを学んだ、というより『導かれた』と思っています。 おかげで今は、たまに心揺れ動かされることはありな ...