当サイトはPRを含みます

【2021】☆3月生まれ☆ 豊かさの源へとつながる一年間・キーワードは『焦らず過去を手放す』

2021年3月27日

3月も終わりそうなくらい遅くなってしまいましたが(^^;
3月生まれの人の誕生月から1年間
エネルギーサイクルを4つの時期に分けてイヤーリーディングしました(^^)

3ヶ月ごとのテーマから、
1年間の流れや大きなテーマ、タイミングや気をつけるべき点などが
見えてくるので人生がより歩みやすく充実したものになっていくと思います♬

【3~5月】
(水のキング)
(地のクイーン)

2枚同時に飛び出しました。
【水のキング】は『自分を守らない』『慈善活動』を
【地のクイーン】は『繁栄』を意味しています。

自分が今持っているモノ・考え・経験に固執せず、守ろうとしないことが大切です。

見返りを期待するのではなく、自分の持てるものを手放すくらいのスタンスでいることが
結果的に豊かさが巡り、もたらされることに繋がっていくでしょう♪

【6~8月】
(8・正義・大天使ラギュエル)

「良い・悪い」「正しい・正しくない」などの二元論に振り回されたり、こだわったりしないことが流れを良くするカギです。

世の中の常識を気にせず、そして、あなたの中の「善・悪」も置いておいて、
今のあなたが心からやりたいこと・選びたいものを選択していきましょう♪♪
それが次へと繋がっていきます。

【9~11月】
(風の3)
(1・魔術師・大天使ラジエル)

過去の様々な出来事によって少し疲れてくるかもしれません。。
今は時間をかけて、ゆっくりと、ゆったりと構えましょう。

そして
時が来たら、タイミングが訪れた時に、
自分の能力を信じて思いっきり踏み出しましょう!

あなたが思っている以上に、ことは進み、豊かさへと繋がっていくでしょう♪♪

【12~2022年2月】
(水のエース)
(風のペイジ)

恋に落ちるような出会いがあります♬

それは異性かもしれませんし、友達や仲間かもしれません。
出来事やモノ・タイミングだったりもします。

いずれにしても、あなたと出会うべきものと出会える時期です。
そしてそれは、思いきって踏み出してみる価値のあるものです。
一歩を踏み出しましょう!そして、新しい扉を開いてみましょう!!

3月生まれの人の1年間

3月生まれの人にとって『新しい豊かさの源と繋がっていく一年間』です。

前半は、自分の所有するモノ・考え・関係などに執着しないことが豊かさへ繋がっていきます。

そして後半は、
タイミングを見極めて、新しいモノ・考え・関係などに勇気をもって踏み出すことが、
その豊かさを現実化させるきっかけになっていきます。

焦りは禁物です。
ちょっと疲れ気味かな・・と思ったら、
ペースを落とし、ゆっくり時間をかけて進みましょう。

ゆったりとした時間の中で、新しいインスピレーションが浮かぶかもしれませんし、
新しい情報やタイミングに気づきやすくなる可能性もあります。

焦らず、ゆっくりと・・

過去に築き上げた不要なものを手放し、
時が来たら、そのタイミングに気づいたら、
思いっきり一歩を踏み出し、飛び込みましょう!

その一歩は必ず豊かさへと繋がっていくはずです。

ゆっくりと過去を手放し、新しい豊かさに気づき
その扉を開け放たれるよう心よりお祈りしております(^人^)

あなたのもとに新しい豊かさの光と温かさが降り注ぎますように。。。

Shin

※ カードの画像は著作権の関係上1ヶ月のみの掲載になります。

【今回使用したカードです】

よく読まれている記事

1

マヤ暦は通常、生年月日から ”その人の魂によって生まれる前に計画された今世での使命や性質・人生の流れ" を知ることができます。 と同時に、時代や特定の日 または集まった人たち・チームなどに照準を合わせ ...

2

マヤ暦 Q&A Q:太陽の紋章とWS(ウェイブスペル) は普段の生活ではどちらを意識すべきでしょうか?どちらの影響をより受けやすいのでしょうか? 私も以前同じような疑問を感じて何年かかけて検証 ...

3

私たち夫婦が愛用し続けているアイテム&アイデアです☘ 長く愛用してる『手作りアロエ化粧水』レシピ 私たちは8年以上、手作りのアロエ化粧水を使い続けています。 当時、アロマや化学的物質が入 ...

4

2021年6月から約1年半、私たち夫婦は「お金」を通してやって来た「学び」、というより『導き』を体験しました。 私たちにとってはとても厳しい体験でしたが、同時にかけがえのない「学び」になっています。そ ...

5

自分にピッタリの「あるがままに生きる」方法を探すために#4 エゴ(自己中心的)とエゴ(自我) 一般的に「エゴ」というと、「他人のことを気にかけず自分のことしか考えていないさま」つまり「自己中心的な考え ...